unityroomのユーザー登録からゲームファイルのアップロードまで

今回はUnityで作成してWebGL形式でビルドしたゲームを公開できるポータルサイト”unityroom”に公開してみたいと思います。

unityroomとは?

Unityで制作したゲームを投稿したり遊んだりできるWebサイトです。登録ユーザーはゲームにコメントを残すこともできます。

“unityroom”のユーザー登録

というわけで、今回はこれまで作ってきたヒヨコ本の改造ゲームを”unityroom”に公開したいと思います。

ユーザー登録

まずは”unityroom”のユーザー登録です。Webページの右上にある”新規ユーザー登録”をクリック。

ユーザー登録はTwitterアカウントを使用します。登録ページにジャンプしてTwitterボタンをクリックすると…

ブラウザでTwitterアカウントにログインしていない場合はTwitterアカウント情報の入力画面になります。

プロフィール

ログインが完了するとプロフィール設定ページが開くので必要事項を入力します。
プロフィールのアイコン画像をアップロードできます。

一通り入力したら”更新”ボタンをクリックして情報を登録します。入力した情報は後でも編集可能です。

連携サービス

続いてユーザー情報のメニューをチェックしましょう。外部サービス連携はユーザー登録で使用したTwitterアカウントの連携を解除することができます。

アカウント

ユーザー固有ID設定を編集できます。”unityroom”のユーザープロフィールページのURLの一部となるので、変更するとプロフィールページのURLも変更になります。

ページ下部に”アカウント削除”の項目がありますが、準備中ですね。

メール

こちらは準備中ですね。メールで情報配信などを予定しているのでしょうか?

ログアウト

メニューの”ログアウト”をクリックするとログアウトして”unityroom”のトップページに移動します。

ゲームの登録

では、いよいよゲームの登録をしてみます。
まず、ページ右下の”+新しいゲームを登録する”ボタンをクリックすると”新規ゲーム登録”フォームが開きます。

新規ゲーム登録

登録内容を順に見ていきましょう。

タイトル
“Rolling Ball”にしました。

ゲームID
これはゲームページのURLとして使用されます。使用可能文字は半角英数で、記号はハイフン、アンダーバーです。今回はヒヨコ本のChapter3の改造ゲームをキーワードにしました。

紹介文
ゲーム内容の紹介文を入力します。今回は図のような文章にしました。

最後に”登録”ボタンをクリック。

するとURLが切り替わり…

ページ左側に”ゲーム情報”メニューが表示されます。ページ左上を見るとゲームは非公開設定になっていることが確認できます。

基本情報

登録したゲームの基本情報を設定します。

アイコン
ゲーム紹介ページの左側に正方形のアイコン画像が表示されます。”unityroom”のトップページのオススメゲーム欄でも使用されているようです。今回はUnityのシーンをアレンジして画像を用意しました。

“参照”ボタンをクリックして画像を指定したら”更新”ボタンをクリック。画像がアップロードされてページ左側にアイコン画像が表示されます。

タイトル
新規ゲーム登録フォームで設定した内容がそのまま引き継がれています。
紹介文
新規ゲーム登録フォームで設定した内容がそのまま引き継がれています。ゲームの内容に加え、ゲームの更新履歴を掲載されているユーザーさんが多いみたいです。

スクリーンショット編集

スライドショー形式でスクリーンショットが表示されます。今回はタイトル画面とゲーム画面、ゲームオーバー画面の3枚登録しました。
ファイルの登録が終わったら”更新”ボタンをクリックするとファイルがアップロードされてサムネイルが表示されます。

WebGL設定

Unityのバージョン
ゲームをビルドしたUnityのバージョンに合わせて5.4.x以下~2017.2から選択します。今回は2017.2.x を選択しました。

表示サイズ
幅と高さを指定することができます。デフォルトは幅960ピクセル、高さ540ピクセル。スマホ向けに開発している縦長画面のゲームをWebGL版で公開する場合、こちらで表示サイズを変更すれば大丈夫そうです。
操作方法
ゲームプレイ画面の左下に表示されます。

割り当てメモリサイズ
WebGL のランタイムで使用可能なメモリを MB 単位で指定します。デフォルト値が512MBです。デフォルト値でメモリ不足エラーが発生する場合は、ゲームで使用しているアセットやスクリプトなど、ゲームのデータを見直した方がよさそうな感じがします。

設定内容を入力したら”更新”ボタンをクリックします。

WebGL アップロード

“WebGL設定”で指定した”Unityのバージョン”に合わせてアップロードするファイルの種類が変わります。

WebGL形式でビルドしたファイルをアップロードしますが、念のため手元のWebブラウザで動作確認しておいた方が良さそうです。
Unityのメニュー:File > Build Settings を選択。[Build Settings]ウィンドウ > [Build And Run]ボタンをクリック。WebGLのビルドが完了すると自動的に既定のWebブラウザでゲームが実行されます。

ゲームが実行できたのでファイルをアップロードします。
ビルド時に指定したフォルダの中にある”Build”フォルダを開いて、ファイル名を確認しながらファイルを指定。
今回はUnityのバージョン2017.2.x でビルドしたので下記のファイルを指定。

アップロードするファイルを指定したら”アップロード”ボタンをクリック。

アップロードが成功するとメッセージが表示されます。

アップロードしたファイルはダウンロードできるようです。

一旦ここでゲームのURLを開いて動作確認をしてみます。ページ左上にある”URLを開く”をクリック。

すると新しいタブでページが開きます。

“Webブラウザで遊ぶ”ボタンをクリック。

ちゃんとゲームが動作確認ができました。

というわけでまだゲームは非公開のままですが、今回はここまでにして次回、ゲーム情報をすべて確認したところでゲームを公開したいと思います。