Unityのプロジェクトが開かない!繰り返し起こるトラブルの解決方法

スポンサーリンク

こんにちは!今回はUnityのプロジェクトが開かない!というトラブルが発生して色々調べた結果にたどり着いた解決方法(というか回避方法)についてお送りします。

Unityの起動してもプロジェクトが開かない

Unityを起動。Unity2017のスプラッシュスクリーンが表示された後、プロジェクト選択画面が表示されますよね。

おもむろにプロジェクト名をクリックするとウィンドウが閉じてから、プロジェクトファイルのロードが始まり、準備ができるとエディターが起動するはずですが…

シーン… 起動しません。

Unityの起動とタスクマネージャーで”Unity.exe”終了の繰り返し

Unityのエディターが起動しないというのは以前にもたまにあったかな?と気を取り直してもう一度Unityを起動してプロジェクト選択画面でプロジェクトを選択します。すると今度は画面中央にはこんなダイアログが。

「Unityのプロジェクトは別のUnityで既にひらかれていますよ」というメッセージ。いやいや、そんなばかな!と思ってとタスクマネージャーを立ち上げて確認。タスクマネージャーのバックグラウンドプロセスに”Unity.exe”が存在しています!

よく分からないのでタスク”Unity.exe”を終了。もう一度Unityを立ち上げてプロジェクトを選択。しかしやはりプロジェクトは開きません。タスクマネージャーを立ち上げてタスク”Unity.exe”を終了。以下無限ループ。

ネットで検索して同じトラブルを探す

Unityのフォーラム周辺で検索したところ同じ症状が発生している書き込みがありました。

ケース1:Unity 5.5.2がロードされない。タスクマネージャのバックグラウンドプロセスとして実行されている

Unity 5.5.2 won’t load, but runs as a background process in the task manager…HELP. – Unity Answers

こちらの書き込みでは対応策として「ウィルス対策ソフトウェアを削除するか、ウイルス対策ソフトウェアでUnityをウィルス検索対象から除外してください。」とあります。試してみましたが解決しませんでした。

ケース2:Unity Editorは開きませんが、タスクマネージャのバックグラウンドプロセスとして実行中

Unity Editor won’t open, but is still running as background process in task manager – Unity Community

こちらも同じくウイルス対策ソフトウェアでUnityをウィルス検索対象から除外する対応策の書き込みがありました。

ケース3:Unity Editorが開かない – バックグラウンドタスクとして表示されている

Unity Editor Will Not Open – Present as a Background Task – Unity Community

このフォーラムのスレッドが最も活発にやり取りが行われていました。多くの人が様々な原因を推測していましたが、ついにここで具体的な回避方法を見つけました。

翻訳すると次の通りです。

DNSサーバにいくつかの問題を経験しており、断続的に影響しています。解決策はまだありませんが、2つの回避策があります。
回避策1:
ネットワークを切断します。
回避方法2:
127.0.0.1 update.unity3d.com
を/ etc / hosts(Mac)またはC:¥Windows¥System32¥drivers¥etc¥hosts(Windows)に追加します。
今のところ問題を解決するには、これらのいずれかを使用してください。

たどり着いた解決方法

たどり着いた解決というか回避方法は…

Unityを起動したらプロジェクトを開く前にいったんネットワークを切断する!
これだけです。具体的な手順をWindows 10の場合で見てみましょう。

Unityを起動する

Unityを起動してプロジェクト選択ウィンドウが開いた状態にしておく。

Windowsのタスクバーにネットワークアイコンが表示されている場合

タスクバーのネットワークアイコンを右クリック > ネットワークと共有センターを開く を選択。

[ネットワークと共有センター]ウィンドウの左側にある[アダプターの設定の変更]をクリック。

[ネットワーク接続]ウィンドウの左側にある[アダプターの設定の変更]をクリック > [ローカルエリア接続]を右クリック > 無効にする を選択。

[Windows]ボタンから設定を行う場合

[Windows]ボタン > [設定]ボタンをクリック。[設定]ウィンドウ > ネットワークを選択。

[ネットワークの状態]画面で[アダプターのオプションを変更する]をクリック。

[ネットワーク接続]ウィンドウの左側にある[アダプターの設定の変更]をクリック > [ローカルエリア接続]を右クリック > 無効にする を選択。

ネットワーク切断後の手順

Unityのプロジェクト選択ウィンドウの画面が変化して”No network connection”と表示されるので[Work offline]ボタンをクリック。

プロジェクト一覧が表示されるのでプロジェクトを選択して開きます。

切断したネットワークを再接続すればOKです!

ひとまずUnityのプロジェクトを開くことができましたが、あくまでも回避方法なので根本的な解決方法ではありません。しばらく情報収集を続けたいと思います。

今日のひとこと

画像素材:フリー写真素材ぱくたそ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加