Unity練習帳:Adventure Creatorはじめました

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!UnityやUnreal Engineを勉強しながらゲームつくるマンです。
ゲーム開発ツールのUnityを少しづつ勉強中。解説書やネットで調べた情報を参考にして覚えたことを忘れないように書き留めています。

今回はUnityのアセットストアで購入したアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure Creatorを紹介します。

Adventure Creatorとは?

スクリプト編集無しで本格的なアドベンチャーゲームを作ることができるというエディタ拡張アセットです。
Adventure Creator – アセットストア

まずはYouTubeに紹介動画があるので見てみます。

Adventure Creatorの機能について

アセットストアの紹介内容が英語だったのでをGoogle翻訳してみました。

Adventure Creatorは、ビジュアルスクリプティングシステムと直感的なエディターコントロールを使用して、ゲーム制作を簡単にします。 初心者はコード行を書かずにゲーム全体を構築できますが、プログラマーはドキュメント化されたAPIを使用して独自の機能をプラグアンドプレイできます。

商用タイトルの作者によって作成されたAdventure Creatorには、伝統的な冒険を市場に出すために必要なすべての機能があります。

  • 2D、2.5D、3Dゲームモード
  • ポイントアンドクリック、直進、FPS移動
  • キーボード、マウス、コントローラ、タッチ入力
  • PC、Mac、WebGL、iOS、Androidへのビルド
  • NPC、会話、インタラクション
  • 目録、製作、コンテナ
  • 表情と唇のつながり
  • パズルロジックを作成する変数
  • 部屋のような物理システム
  • 完全にカスタマイズ可能なUI
  • 時系列とQTE
  • プレイヤーキャラクターの切り替え
  • 豊富なドキュメント
  • 完全な翻訳サポート
  • ソースコードが含まれています
  • 保存と読み込み
  • デモソースファイル
  • ということでチュートリアルを順番に進めながら使い方を勉強していきたいと思います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加