Unityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure CreatorのVersion 1.62がリリース!

スポンサーリンク

このブログでチュートリアルを紹介しているUnityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure Creator のVersion 1.62がリリースされました。公式フォーラムでアップデート内容が紹介されています。

フォーラムの投稿内容をGoogle翻訳して内容をチェックしたいと思います。
原文:Version 1.62.0 – Interactive boundaries, blendshape expressions and all-round refinements — Adventure Creator forum

主な機能

このアップデートは、以前のv1.61.2以降はあまり長続きしませんが、主にバグの修正や大きな新機能の改良に焦点を当てているため、後でなく早く野外で入手することが重要でした。つまり、いくつかの素晴らしい新機能が含まれています。

ActionList: Wait for preceding Action

これは頻繁には使用されないものですが、その時には非常に便利です。
このアクションは単独では何もしませんが、入力にリンクしているすべてのアクションが完了したら、”When finished” コマンドを実行します。
これは、アクションの2つの連鎖がある場合に役立ちます。アクションの連鎖は、他のアクションを実行する前に完了する必要がありますが、最初に完了するアクションがわからない場合に役立ちます。
異なる言語のスピーチを演奏するなど、ダイナミックな要素を扱うときに、これが最も便利だと思います。

Interactive boundaries

これは、オプションでホットスポットに割り当てることができる新しいプレハブタイプです。
トリガーと同様に、これはホットスポットをインタラクティブにするためにプレイヤーが内になければならないボリュームを表します。
これは、”Player Vicinity”検出に頼っているときに、壁面を介して “見えない”ホットスポットが誤って選択されるのを防ぐのに役立ちます。

Blendshape expressions

ベースのエクスプレッションは、Object: Blend shape アクションですでに使用できましたが、これまでは主にポートレートグラフィックスで主に使用されていた既存の [expression:Name] スピーチテキストトークンで再生できました。
キャラクタがエクスプレッションを使用し、シェイプ可能なコンポーネントを持っている場合は、それらをリンクするオプションが表示されます。

Animated Conversation icons

これはこれまでで最大の機能ではありませんが、会話アイコンは現在アニメーション化可能です。
ただし、アイコンを含むすべての会話をアップグレードする必要があります。
これは、インスペクタを表示してシーンを保存するだけです。
この手順は、アニメーションを使用しない場合でも必要ですが、実行時にコンソールで警告が表示されないようにするには、このように会話をアップグレードする必要があります。

すべての変更点

アップグレードノート

  • “Side Scrolling”オプションを使用する GameCamera は、オフセット値の値を扱うようになりました。これはインスペクタで公開されています。
  • アイコンに依存する会話は、インスペクタを表示してシーンを保存することでアップグレードする必要があります。
  • “ActionList: Comment”アクションの”Print in Console?”チェックボックスは、より多くのオプションを含むポップアップに置き換えられました。

Inventory

  • 追加:複数回使用することが可能なインベントリアイテムを1つずつ選択することができるようになりました。
  • 追加:インベントリアイテムラベルがテキストトークンをサポートするようになりました。
  • 修正:Unity UIで描画したときのデフォルトのInventory、Container、Craftingメニューの表示。
  • 修正:インベントリアイテムに関連するレシピ、クラフティング製作の問題。

Menus

  • 追加:メニューに “During Gameplay And Conversations”設定が表示されるようになりました。
  • 追加:アニメーションカーソルアイコンがUnity UIベースのインタラクションメニューで動作するようになりました
  • 追加:シーンに存在する EventSystem は、Adventure Creator によって生成された EventSystem をオーバーライドするようになりましたが、警告が与えられます。
  • 修正:Unity UI でグラフィックメニュー要素がアニメーション化されない。
  • 修正:特定のメニュー要素のプロパティフィールドのAPIリンクが正しくないか不足していた。
  • 修正:Unity UI ベースのメニュー要素が非インタラクティブになることがある。
  • 修正:まれにインベントリアイテムをホットスポットと組み合わせることができない。
  • 修正:”During Gameplay” と表示されるように設定されたメニューで、会話がバックグラウンドで実行中の ActionList を介して開かれる。

Hotspots

  • 追加: “Interactive Boundary”ロジックプレハブ – Hotspot に割り当てて、プレイヤーが設定された境界内にあるときのみインタラクティブにする
  • 追加: Hotspot がActionListアセットをインタラクションのために使用する場合、アセットが割り当てられていないときにアセットを自動作成して割り当てる”Create”ボタンが提供されます。
  • 追加:特定のオブジェクトのインタラクションメニューをより簡単に表示するための Hotspot および InvItem スクリプトへの機能
  • 追加:Mesh Collidersに依存するHotspotsとTriggersは、同じ形状を共有するギズモを描画します。
  • 修正:WorldSpace に描画されたホットスポットアイコンがゲームプレイの外に表示される。
  • 修正:NavMesh が設定されていないときにプレイヤーを Hotspot マーカーに移動させるとエラーになる。
  • 修正:プレイヤーがHotspotに向かって移動しているときに、 Hotspot ラベルが間違っていることがあった。

Conversations

  • 追加:会話オプションのアイコンをアニメーション表示できるようになりました。
  • 変更:Conversation.GetOptionIcon メソッドが Texture2D ではなく CursorIconBase を返すようになりました
  • 修正:Conversation メニューがオフになったときに ActionList を実行すると、会話後に一時的にゲームプレイが再開される。

Facial animation

  • 追加:Mecanimベースのキャラクタは、 “Phoneme integer”アニメータパラメータを使用して唇の動きを制御できるようになりました。
  • 追加:レガシーおよび Mecanim ベースのキャラクターは、シェイプ可能なスクリプトに依存して、[expression]スピーチトークンを使用してブレンドシェイプの表情を自動的に変更できます。
  • 追加:新しいスピーチ行ごとにキャラクターの表情がリセットされるのを防ぐオプション。
  • 追加:スピーチテキストで使用すると、トークン [expression:None] がキャラクタの現在の表情をクリアします。
  • 変更:3Dデモシーンが変更され、ブレインシェイプで駆動される表現テキストトークンを使用するようになりました。
  • 修正:Mecanimのキャラクターアニメーションで同時に話したり歩いたりする。

Cameras

  • 追加:GameCamera の Y 軸移動のための”Side Scrolling”オプション。
  • 追加:GameCamera “Side Scrolling”モードにOffsetフィールドが追加されました。
  • 修正:MainCamera は、ゲームプレイ中に保存した後、”LookAt child”にスナップバックする。

ActionLists

  • 追加:”ActionList: Wait for preceding”アクション – 複数のチェーンが完了したときにのみ後続のアクションを実行するために使用すします。
  • 追加:ActionListAsset スクリプトのメソッドで、シーン内で実行されている特定の ActionList アセットのすべてのインスタンスを終了する
  • 追加:”Camera:Switch”または “Object: Transform”アクションで使用されるカスタムカーブの場合、負の Y 値は反対方向に動きます。
  • 追加: “変数:設定”アクションで変更された文字列変数値が翻訳に含まれるようになりました。
  • 追加:コンソールに警告とエラーメッセージを表示する “ActionList:Comment”アクションの機能。
  • 追加: “ActionList:Run in parallel”アクションへの警告メッセージ2つ以上の出力ソケットが同じアクションに接続している場合のアクション。
  • 追加:Actions Manager で Action インスタンスを検索する際に、検出されたアクションのIDがコンソールにも表示されます。
  • 変更:”Camera: Fade”と”Object: Fade sprite”アクションの最大フェードタイムが3秒から10秒に延長されました。
  • 変更:”ActionList: Comment”アクションの”Print in Console?”チェックボックスは、より多くのオプションを含むポップアップに置き換えられました。
  • 修正:”Character: Move to point”アクションが”Destination accuracy”の設定を考慮しないアクション。
  • 修正:Adventure Creator シーンに ActionList アセットファイが無い時、手動で実行するとエラーが発生する。
  • 修正:ActionListをスキップしたときにアクションコメントがコンソールに表示されない。

Third-party

  • 追加:グローバル変数が存在しない Playmaker 変数にリンクされている場合の警告メッセージ。
  • 修正:UFPS のプレーヤーが PlayerStarts の方向を尊重しない。
  • 修正:”Motion control”の設定が”Automatic”に設定されていない場合、プレイヤーキャラクターが Adventure Creator の”Jump”入力に応答する。

その他

  • 追加:Adventure Creator が Player としてタグ付けされたオブジェクトを削除し、AC Player として設定されていないオブジェクトを削除すると、警告メッセージがコンソールに表示されるようになりました。
  • 追加:アニメーションテクスチャをアクティブにしたときだけでなく、いつでもアニメーションに設定できるようになりました。
  • 変更:設定マネージャの”Don’t show behind Colliders?”フィールドの名前が”Hide icons behind Colliders?”に変更されました。
  • 修正:Scene Manager の NavMesh 表示ボタンが機能しなくなる。
  • 修正:オプションメニューで音量が変更されたときに常に更新されるとは限らない。