Unityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure CreatorのVersion 1.58がリリース!

スポンサーリンク

こちらのブログでチュートリアルを紹介しているUnityのアドベンチャーゲーム制作アセットのAdventure CreatorのVersion 1.58がリリースされました。公式フォーラムでアップデート内容が紹介されています。
Version 1.58_ New manual, Timeline support and refinements – Adventure Creator forum

フォーラムの投稿内容を翻訳した内容から主に追加と変更点を確認したいと思います。
原文:Version 1.58: New manual, Timeline support and refinements

アップグレードノート

  • Sunsetting Unity 4互換性 – 必要に応じて電子メールでパッケージを利用できるようにします。
  • “Dialogue: Play speech”アクションの”Wait time offset”値はゼロより小さくなることはできません – [continue]テキストトークンを使用してスピーチを途中で終了します。
  • “Dialogue: Play speech”アクションが”Run In Background”に設定されたアクションリストに置かれている場合、ダイアログは常に背景の音声とみなされます。
  • Sprites Unity Complexでアニメーション化されたキャラクタ – 角度浮動小数点の値は0以上360度未満です。
  • “Moving and turning”フィールドの”Top Down”オプションは廃止予定です。代わりにUnity 2Dモードを使用する必要があります。
  • スピーチがスクロールしている場合、“Display time factor”は、“Text length influences display time?”がチェックされている場合にのみ、スピーチテキストの長さの影響を受けます。
  • スピーチに音声がある場合、“Display time factor”は、オーディオの再生が終了した(スクロールを無効にする)テキスト表示の期間にのみ影響します。
  • カーソル、インベントリ、肖像画のグラフィックスは、 “Texture2D”ではなく “Texture”タイプになり、SpritesとRenderTexturesをサポートするようになりました。
  • PlayerCursor.GetCurrentCursorTextureはTexture2DではなくTextureを返すようになりました。
  • Follow Sortingマップはデフォルトでシーンのデフォルトのソートマップに従うように設定されるようになりました。
  • Unityのセキュリティ対策のため、WebGLの”Save game screenshots”機能が無効になります。
  • バージョン1.58a

  • 追加:キャラクターの頭を回転させるイベント。
  • 追加:定義済みのインタラクションで使用された場合のインベントリアイテムの無効化がオプションになりました。
  • 追加:InputTouchPosition入力デリゲート – タッチスクリーンゲームのカーソル位置をオーバーライドするために使用します。
  • 追加:”Inventory: Add or remove”アクションを使用しているときにインベントリの前に新しいアイテムを追加するオプション。
  • 追加:Unity UIベースのメニューでゲームを開始するときの最適化。
  • 追加: “Variable:Run sequence”アクションは外部変数を必要としませんが、現在の注文は変数なしでは保存されません。
  • 追加:”Variable: Check random number”アクションが、同じ値を連続して生成することを防止できるようになりました。
  • 変更:RuntimeLanguagesのImportRuntimeTranslation関数では、textカラムを整数パラメータとしてインポートする必要があります。
  • タイムライン

  • 追加:エンジン:タイムラインアクションの管理 – タイムラインの再生を制御するために使用します。
  • 追加:タイムラインを記憶する – タイムラインの再生状態を保存するために使用します。
  • メニュー

  • 追加:Unity UIにリンクされたInventoryBox、Interaction、およびGraphicメニュー要素がRawImageコンポーネントをサポートするようになりました。
  • 追加:アクティブなホットスポットに適切でない場合、インタラクション要素が非表示にならないようにするオプション。
  • 追加:トグル要素の読み取り専用機能。
  • 追加:特殊文字を受け入れる入力メニュー要素のオプション。
  • 追加:ACメニューまたはエレメントのサイズが[ Manual]に設定されているときに比例スケーリングを有効にする機能。
  • 入力

  • 追加: “Input:Toggle active”アクション – 実行時にアクティブ入力を有効または無効にするために使用します。
  • 追加:PickUpsとDraggablesで必要な入力がインスペクタに表示されるようになりました。
  • 音声

  • 追加:[スピーカー]スピーチトークン – ダイアログテキストで使用される場合、スピーチ文字の名前に置き換えられます。
  • 追加:スクロールする音声テキストの表示時間をテキスト自体の長さに合わせて調整する機能。
  • 変更:スピーチがスクロールしている場合、“Text length influences display time?”がチェックされている場合、“Display time factor”はスピーチテキストの長さの影響を受けます。
  • 変更:音声に音声がある場合、“Display time factor”は、音声の再生が終了した(スクロールを無効にする)テキストの表示時間にのみ影響します。
  • 変更:”Dialogue:Play speech”アクションが “Run In Background”に設定されたActionListに置かれている場合、ダイアログは常にバックグラウンドスピーチと見なされます。
  • 変更:”Dialogue: Play speech”アクションの”Wait time offset”の値はゼロより小さくはなりません – [continue]テキストトークンを使用してスピーチを途中で終了します。
  • スクリプトシート

  • 追加:スクリプトシートは、ゲーム内に現れる順番で音声行を列挙しようとします(ゲームテキストを再収集する必要があります)。
  • 追加:エクスポートされたスクリプトシートに行記述を含めることは現在オプションです。
  • 追加:エクスポートされたスクリプトシートからトークンを削除するオプション([wait]など)。
  • 言語

  • 追加:言語が”Right-to-left”とマークされている場合、スクロールは現在逆方向に機能します。
  • 追加:ゲームのオリジナル言語が右から左、および翻訳を読む能力。
  • 追加:ゲームテキストを書き出すときにスピーチオーダー識別子列を含めることができます(ゲームテキストを再収集する必要があります)。
  • ホットスポット

  • 追加:ホットスポットがインタラクションのカスタムスクリプトに依存する場合、使用されたインベントリアイテムID番号が関数パラメータとして渡されます。
  • 追加:テキストを収集するときに同様のIDをマージするときの最適化。
  • WebGL

  • 変更:Unityのセキュリティ対策のために、WebGLの”Save game screenshots”機能が無効になっています。
  • 会話

  • 追加:会話中に3人目のカメラ回転を許可するオプション。
  • 文字

  • 追加:アニメーションに2Dツールキットを使用するキャラクタインスペクタに期待されるアニメーションのリスト。
  • 変更:Following Sortingマップはデフォルトでシーンのデフォルトのソートマップに従うように設定されるようになりました。
  • 変更:Sprites Unity Complexでアニメーション化されたキャラクター – 角度浮動小数点値は0から360まで(非包含的)。
  • 変更:「移動と回転」フィールドの「トップダウン」オプションは非推奨になりました。代わりにUnity 2Dモードを使用する必要があります。
  • カーソル

  • 変更:Cursorグラフィックスは “Texture2D”ではなく “Texture”タイプになり、SpritesとRenderTexturesをサポートするようになりました。
  • エディタ

  • 追加:Sceneウィンドウでのマップの並べ替えの読みやすさの改善。
  • 追加:メニューマネージャのUIの改善。
  • 追加:Phonemes EditorのUIの改善。
  • 追加:変数の[Replacement token]フィールドを右クリックすると、テキストバッファにコピーすることができます。
  • 変更:コンソールログのスタックトレースを隠す機能を削除し、他のアセットとの互換性を向上させました。。
  • API

  • 追加:MenuInventoryBox要素クラスへのGetUIButtonWithItem関数 – 特定の在庫アイテムにリンクされたUIボタンを取得するために使用します。
  • 追加:静的オプションは、音量をより簡単に取得/設定する機能です。
  • 追加:GetItemsInCategory関数をInventoryManagerに使用する – 指定したカテゴリのすべての在庫アイテムの配列を取得するために使用します。
  • 追加:ゲームが現在カットシーンにあるのか、通常のゲームプレイであるのかを判断するStateHandlerの関数。
  • 変更:PlayerCursor.GetCurrentCursorTextureはTexture2DではなくTextureを返すようになりました。
  • その他

  • 追加:Rewritten Manual – 画像、プロヒント、主要な機能やワークフローの説明が追加されました。
  • 変更:インベントリとポートレートのグラフィックスは現在「Texture2D」ではなく「Texture」タイプであり、SpritesとRenderTexturesをサポートしています。
  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加