DAZ Studio:フィギュアの体形を編集する~インタラクティブチュートリアル

スポンサーリンク

無料で使える3DCGソフト DAZ Studio のインタラクティブチュートリアル。今回はフィギュアの体形を編集する手順になります。前回のステップ”フィギュアにポーズを付ける”はこちらで紹介しています。

インタラクティブチュートリアルの再開

DAZ Studio を起動したら新規シーンの状態になっているので、そこからインタラクティブレッスン Getting Started のステップ5 Shaping a Figure を始めましょう。

画面右下にあるレッスンボタンから Guided Tours > I-Getting Started > V-Shaping a Figureを選択します。

Open the Scene が表示されます。”前回のレッスンで作成した Barefoot Dancer シーンを開きます” と書いてありますがここは、前回のステップ IV-Posing a Figure を保存したシーンを開きます。

[Click]の矢印が示すアイコンをクリックすると、ファイル選択ウィンドウが開くので、前回保存したファイルを選択して開きます。

シーンを開くとレッスンメッセージは Change the Active Renderer が表示されます。[Render Settings]ペインをクリックすると、これまでのステップ同様で、NVIDIA Iray に設定済みの場合はスキップされます。

フィギュアの体形を編集する

ここから実際にフィギュアの体形を編集する手順に入ります。レッスンメッセージShapeing Your Character が表示されます。レッスンメッセージの内容はこのような感じです。

キャラクターの体形を調整するために[Shaping]ペインに進みましょう。
Genesis 8 Femel の階層を開くと FullBody の項目があります。
あなたの思い通りの体形に調整できるまで右側の shaping プロパティを試してください。

矢印に従って[Shaping]ペイン > Full Body をクリックすると、[Shaping]ペインの表示が変わりました。

というわけで、こんなポッチャリ体形にしてみました。

体形を調整し終えたらレッスンメッセージの[Continue]をクリック。次のレッスンメッセージは「備えあれば憂いなし」 Better Safe than Sorry が表示されます。

画面右上、メニューバーの保存アイコンをクリックしてシーンファイルを保存したらこのステップは終了です。

レッスンメッセージ Continue が表示されます。内容はこんな感じでしょう。

次のレッスンに進むか、Stop [Esc] を押してレッスンを中断して[Shaping]ペインの他のモーフに慣れるまで続けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする