Unity入門書ヒヨコ本の作例改造-Chapter3-5:ボール残数を設定して画面に表示する

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!Unityの入門書で通称”ヒヨコ本”として親しまれている”Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作 “の作例に色々とゲーム要素を追加してオリジナルゲームに仕上げる内容を連載をしています。


Chapter1:Unityの概要と基礎知識
Chapter2:インターフェイスと使い方
Chapter3:Unityを使ってみよう!
Chapter4:キャラクターを動かしてみよう!
Chapter5:ゲームのUIを作ってみよう!
Chapter6:ゲームを作ろう!(1)
Chapter7:ゲームを作ろう!(2)
Chapter8:2D機能を使ってみよう!

ボール残数表示のUIオブジェクトを作成して画面に表示する

前回の改造でボールを連続して発生できないようにしました。さらにボールを発生できる数を設定してみたいと思います。

テキストUIオブジェクトを作成

[Hierarchy]ウィンドウ > [Create]ボタン > UI > Text を選択。
作成したTextを右クリック > Rename を選択 ”Text BallCounter”に変更。

テキストの表示位置を調整

[Hierarchy]ウィンドウ > UIオブジェクト”Text BallCounter”を選択。
[Inspector]ウィンドウ > Rect Transform 左側にある四角形をクリック。
Anchor Presetが表示されたらLeft / Top をクリック。余白をクリックしてAnchor Presetを閉じる。
位置とサイズは下記の通り。
Pos X 20 / Pos Y -20 / Width 240 / Height 60 / Pivot X 0 / Y 1

テキストのサイズを調整

[Hierarchy]ウィンドウ > UIオブジェクト”Text BallCounter”を選択。
[Inspector]ウィンドウ > Text (Script) > Textフィールドに”BAll: 00″を入力。[Inspector]ウィンドウ > Text (Script) > Character > Font Size 50に設定。

ボール残数のテキストを更新するスクリプトを作成して”Canvas”割り当てる

[Hierarchy]ウィンドウ > オブジェクト”Canvas”を選択。
[Inspector]ウィンドウ > [Add Component]ボタン > New Scriptを選択して下記の通り入力。
Name: BallCounter / Language: C Sharp
[Create and Add]ボタンをクリック。

スクリプト”GameManager”の編集

[Project]ウィンドウ > スクリプト”Manager”をダブルクリックしてエディタを開き、下記コードを入力。

スクリプトの変数”Text Ball Counter”スロットにUIオブジェクト”Text BallCounter”を割り当てる

[Hierarchy]ウィンドウ > Canvas を選択。[Inspector]ウィンドウ > Ball Count (Script)コンポーネントに下記の通り変数”Text Ball Count”フィールドが表示されていることを確認。

[Hierarchy]ウィンドウ > Canvas > Text BallCount をドラッグ&ドロップで割り当て。

動作確認

[Hierarchy]ウィンドウ > Managerを選択。[Inspector]ウィンドウ > Manager (Script) > Initial BallCountフィールドに仮の数値を入力してみましょう。とりあえず今回は”777″を入力しておきます。

ゲームを再生するとボール残数テキストが”777″と表示されます。

UIオブジェクト”Text BallCounter”の表示順を変更

ゲームタイトルが表示されているときはボール残数テキストが表示されないように、作成したUIオブジェクト”Text BallCounter”は、下記の通りUIオブジェクト”Panel Title”よりも上に移動しておきます。

マウスクリックでボールを発生させたらボールの残数を減らす

ボール残数の表示ができたので、次はマウスクリックでボールを発生させたら残数表示が減るようにしましょう。

スクリプト”Spawner”を修正する

[Project]ウィンドウ > スクリプト”Spawner”をダブクリクリックで開き、下記のマーカー行の部分を追記します。

ボール残数の初期値を設定する

ゲームスタート時のボール残数を設定しましょう。
[Hierarchy]ウィンドウ > オブジェクト”Manager”を選択。[Inspector]ウィンドウ > Manager (Script) のinitialBallCount フィールドに先ほど動作確認入力した値”777″が入っていればそのままで大丈夫です。

動作確認

ここまでの内容をWebGLでビルドしてみました。ゲームを再生してマウスクリックでボールを発生させる度にボール残数表示が減るようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加