Unity練習帳:ヒヨコ本の作例からオリジナルゲームをつくる-Chapter3-2

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!Unityの入門書で通称”ヒヨコ本”として親しまれている”Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作 “の作例に色々とゲーム要素を追加してオリジナルゲームに仕上げる内容を連載をしています。


Chapter1:Unityの概要と基礎知識
Chapter2:インターフェイスと使い方
Chapter3:Unityを使ってみよう!
Chapter4:キャラクターを動かしてみよう!
Chapter5:ゲームのUIを作ってみよう!
Chapter6:ゲームを作ろう!(1)
Chapter7:ゲームを作ろう!(2)
Chapter8:2D機能を使ってみよう!

ヒヨコ本の最新版が発売されました

Unityのバージョンが2017にアップデートされたのにあわせ、ヒヨコ本も最新版”Unity2017入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作 “が発売されました。バージョン4、5と引き継がれてきた作例については今回すべて新しくなりました。


Chapter1:Unityをはじめる準備
Chapter2:Unityの画面と使い方
Capture3:Unityを使ってみよう!
Chapter4:2Dゲームを作ってみよう!
Chapter5:ゲームのUIを使ってみよう!
Chapter6:3Dゲームを作ってみよう!
Chapter7:スマートフォン向けに改良しよう!

マウスクリックでボールをシーンに発生させる

今回はマウスクリックでボールを発生する仕組みを追加してみます。

Ballをプレハブに変換する [Hierarchy]ウィンドウ > Ballを選択して[Project]ウィンドウにドラッグ&ドロップ。

シーンのボールオブジェクトは不要なので削除しましょう。[Hierarchy]ウィンドウ > Ballを選択して[Delete]キーで削除します。

Ballを発生するオブジェクトを作成する

[Hierarchy]ウィンドウ > [Create]ボタン > Create Empty を選択
オブジェクトを右クリック > Rename を選択。オブジェクト名を”Spawner”に変更。
[Inspector]ウィンドウ > Transform > Positionの値を下記に設定。
X -4.5 / Y 10.5 / Z 0.7

Ballを発生するオブジェクトに割り当てるスクリプトを作成する

[Hierarchy]ウィンドウ > オブジェクト”Spawner”を選択。
[Inspector]ウィンドウ > [Add Component]ボタン > New Scriptを選択して下記の通り入力。
Name: Spawner / Language: C Sharp
[Create and Add]ボタンをクリック。

スクリプトの編集

作成したスクリプト”Spawner”をダブルクリックしてエディターを開き、下記の通りコードを入力します。

スクリプト”Spawner”の変数フィールドにプレハブ”Ball”を割り当てる

[Hierarchy]ウィンドウ > Spawner を選択。[Inspector]ウィンドウ > Spawner (Script) の変数”prefab”フィールドにボールプレハブをドラッグ&ドロップで割り当てます。

動作確認

ここまでの内容をWebGLでビルドしてみました。マウス左クリックでボールが発生します。連続クリックするとボールが大量に発生します。

今回のまとめ

今回はマウスクリックでボールを発生する仕組みを追加しました。次回はスタートボタンを作成してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加