Unityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure CreatorのVersion 1.60がリリース!

スポンサーリンク

このブログでチュートリアルを紹介しているUnityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure Creator のVersion 1.60がリリースされました。公式フォーラムでアップデート内容が紹介されています。

Version 1.60 – 2.5D background changes, performance improvements – Adventure Creator forum

フォーラムの投稿内容を翻訳した内容をチェックしたいと思います。
原文:Version 1.60 – 2.5D background changes, performance improvements – Adventure Creator forum

主な機能

UI 2.5D backgrounds

Unity 2017.2 / 3では、GUILayer / GUITextureコンポーネントが使用されるたびに警告が表示されるため、UnityはレガシーUIシステムをすぐに削除する準備をし ています。

このリリースではかなりの数のバグがあります。2.5Dカメラシステムは伝統的にGUITextureコンポーネントに依存していましたが、今回のリリースではオプションのUnity UIベースのアプローチが採用されています。

ワークフローは同じです:BackgroundImageコンポーネントのメソッドを選択し、テクスチャを割り当てます。今後のUnity 2017.3以降のリリースでは、利用可能な唯一の方法であることに注意してください。

したがって、既存の2.5Dプロジェクトを最新のUnityリリースにアップグレードする場合は、Unityバージョンを変更する前に変更を加える必要があります。

Editorの改善

About / New Game Wizardのウィンドウがスマートになっており、上部のツールバーに”Check for updates”ボタンが追加されました。

[Hierarchy]ウィンドウで右クリックすると、Adventure Creatorオブジェクトを作成するためのリンクにアクセスできるようになりました。

新しいツールを使用すると、インベントリと変数データをエクスポートできます。ローカル変数をグローバル変数に、ローカル変数をグローバル変数に変換することも可能です。

アンビエンストラック

ミュージックシステムの仕組みと同様に、新しい”Sound: Play ambience”アクションを使用すると、シーンの変化を生き延びて自動的に保存できるアンビエンス(SFX)トラックをキューに入れてループさせることができます。

通常のサウンドシステムはまだ存在しますが、音楽を持っているときにバックグラウンドサウンドを再生するのが簡単になります。

ランダムパラメータ

“ActionList: Set parameter”アクションはBooleans、Integers、Floatsにランダムな値を設定できるようになりました。

これをActionListの開始時に呼び出すことで、Action(例えば、”Engine: Wait”を制御するFloat)でこのようなパラメータを使用すると、ランダム化をシーケンスに組み込む方がはるかに簡単になります。

すべての変更点

アップグレードノート

“Require double-click to move?”トグルが”Double-click movement” ポップアップフィールドに置き換えられ、より多くのオプションが可能になりました。

OnInventoryCombineカスタムイベントは、項目がそれ自身と結合されている場合に呼び出されるようになりました。

2.5D

  • 追加:2.5Dの背景を扱うGUITexturesの代わりにUnity UIを使用して2.5Dの背景を扱うことができます – Unity 2017.3以降ではこれが唯一のオプションです。

Editor

  • 追加:[About]ウィンドウと上部ツールバーの”Check for updates” ボタン。
  • 追加:UnityのGameObjectおよびHierarchyメニューへのAdventure Creatorオブジェクトリンク。
  • 追加:[ActionList Editor ]ウィンドウの[Action cog]メニューに”Cut”、”Paste after”、”Insert after”オプション。
  • 追加:”List active ActionLists”デバッグウィンドウにアクティブなプレイヤーが表示され、ドラッグすることができます。
  • 追加:新しく作成されたActionListアセットに、独自のプロジェクトビューアイコン(Unity 2017+)が追加されました。
  • 追加:わずかにビジュアルを改善した新しいゲームウィザード。
  • 追加:シーンのデフォルトのPlayerStartはインスペクタでこれを言うようになりました。
  • 追加:2DシーンでのデフォルトのNavMeshの自動作成ボタン。
  • 修正:カーソルまたはインベントリマネージャを設定マネージャが割り当てられていない状態で表示した場合のゲームエディタのエラー。

Audio

  • 追加:”Sound:Play ambience”アクション – シーンから独立してループ、キュー再生するためのアンビントサウンド。
  • 修正:Unity 2017でゲームを再開するときに時々スキップされる”Sound: Play”アクションの問題。
  • 修正:シーンが変わっても存在する設定のSoundsが、その後に自分自身で削除できない問題。

Cameras

  • 追加:新しいシーンを作成するときにシーンごとにゲームのカメラパースペクティブ設定を無効にする機能。
  • 追加:OnCameraShakeカスタムイベント – “Camera:Shake”アクションが実行されるたびに呼び出される。

Menus

  • 追加:選択したアイテムを表示するインベントリボックスのメニュー要素をカテゴリ別に制限できるようになりました。
  • 変更:メニューマネージャーの上部にあるダイレクトナビゲーションメニューオプションがマウスとキーボードの入力に表示されるようになりましたが、Unity UIベースのメニューにのみ影響します。
  • 修正:編集時にアニメーションインタラクションアイコンのマイナーディスプレイの問題。
  • 修正:Unity UIベースのメニューでのパフォーマンスの問題。
  • 修正:ゲームを一時停止するメニューでホバー音が常に再生されない。
  • 修正:Unity UIおよび直接制御メニューに関するさまざまな問題。

Variables

  • 追加:変数マネージャで変数をグローバルからローカルに(またその逆に)変換する機能。
  • 追加:可変データをCSVファイルとしてエクスポートする機能。
  • 追加:内部の説明を変数に追加し、変数マネージャでそれらをフィルタリングする機能。

Inventory

  • 追加:インベントリプロパティに内部の説明を追加する機能。
  • 追加:在庫アイテムデータをCSVファイルとしてインポートおよびエクスポートする機能。
  • 追加:”Inventory:Check selected”アクションは、最後に選択されたアイテムにクエリを実行できるようになりました。
  • 追加:”Inventory:Check”アクションは、特定のカテゴリの運ばれたアイテムの数を問い合わせることができるようになりました。
  • 変更:OnInventoryCombineカスタムイベントが呼び出されるようになりました。

Players

  • 追加:ゲームに複数のプレーヤーがあり、オーディオファイルが自動的に割り当てられている場合、プレイヤーはオプションで同じスピーチラインを別々のオーディオで共有できます。
  • 修正:プレイヤープレハブの切り替え時にすべてのセーブデータが復元されない問題。
  • 修正:プレイヤープレハブがプロジェクトウィンドウで選択されていると、プレイヤーが実行時に生成されないことがある。

Characters

  • 追加:キャラクターが接地されているかどうかをRaycastingで確認する際に使用するレイヤーを設定する機能。
  • 追加:レガシーアニメーションキャラクターへのパフォーマンス向上。(ilmariへのクレジット)
  • 追加:”Vertical movement factor”フィールドの2Dキャラクタ回転への影響はオプションになりました。(ただし、デフォルトで有効になっています)

Input

  • 追加:カスタム入力でfirst-person touch-screen movementをオーバーライドするオプション。
  • 変更:”Require double-click to move?”トグルが”Double-click movement”ポップアップフィールドに置き換えられ、より多くのオプションが可能になりました。

その他

  • 追加:”ActionList: Set parameter”アクションを使ってIntegerとFloatのパラメータにランダムな値を与えることができます。
  • 追加:AndroidやiOSでNew Game Wizardを使用しているときに、”Touch Screen”が入力方法として提案されています。
  • 追加:”Online resources”ツールバーメニューのコミュニティwikiへのリンク。
  • 追加:off-NavMeshのパフォーマンス増加。
  • 修正:”Run In Background”に設定したActionListアセットを実行する時、ゲームプレイをブロックするCutscenesも実行中であれば、ゲームのポーズが解除される問題。
  • 修正:”Save: Save or load”アクションの”Selective loading”オプションに関する問題。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加