Unityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure CreatorのVersion 1.61がリリース!

スポンサーリンク

このブログでチュートリアルを紹介しているUnityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure Creator のVersion 1.61がリリースされました。公式フォーラムでアップデート内容が紹介されています。

フォーラムの投稿内容をGoogle翻訳して内容をチェックしたいと思います。
原文:Version 1.61 – 2D head animations, menu navigation improvements and general fixes – Adventure Creator forum

主な機能

このリリースはしばらくの間テスト段階に入っていたので、忍耐力が評価されました。今回はかなりの数の「アップグレードノート」がありますので、しばらく時間をとって注意深く行ってください。

2Dヘッドアニメーション

2Dキャラクターは、3Dキャラクターと同じように、オブジェクトとホットスポットに頭を向けることができます。”Sprites Unity”モードを使用してアニメーション化されたアニメーションは、身体から独立して話題のアニメーションを再生することもでき、ウォークとトークアニメーションを同時に再生できます。これらの変更は例で最もよく示されているので、新しいダウンロード可能なパッケージがここにあります。

パフォーマンスの向上

私はブーストがあまり目立たないことを期待していますが、ACでは、シーンオブジェクトを追跡してロード時間を短縮する場合があります。さらに、ACオブジェクトを手動で追加するときにカスタムスクリプトがGatherObjectsメソッドを呼び出す必要はありません。徹底的にテストされていますが、予期しない動作が発生した場合はお知らせください。

メニューナビゲーションの改善

ACメニューのダイレクトナビゲーション(つまり、マウスカーソルではなくキーボードによる)は、水平/垂直軸がより直観的な方法で要素間をナビゲートするupgrdaeを受け取ります。新しい”Menu: Select element” Actionを使用して要素の選択を強制することもできます。これは、一連のサブメニューに戻るときに便利です。

変数のリンク

グローバル変数は、イベントを介して任意のカスタムアセットにリンクできるようになりました。以前はこれはオプションデータとPlaymakerに限られていましたが、カスタムスクリプトとの同期が可能になりました。新しい「変数リンクの例」コンポーネントは、これを実現する方法を示しています。

すべての変更点

アップグレードノート

  • コンテキスト・センシティブ・モードでUseインタラクションを持たないHotspotを左クリックすると、Hotspotの”Walk-to Marker”に移動します。
  • “The _Camera”スクリプトにはStart関数が追加されました。これから派生するカスタムカメラは、それを上書きする必要があります。
  • WebGLで “Engine:Playムービークリップ”を使用すると、ビデオはURL経由で提供されるようになりました。
  • 変更:カスタムスクリプトを使用してシーンにオブジェクトを追加または削除した後、StateHandlerのGatherObjects関数を呼び出す必要はなくなりました。

2D characters

  • 追加:2Dキャラクター用の独立したヘッド回転
  • 追加:Sprites Unity-アニメーションキャラクターは、頭のアニメーションを独立したレイヤーで演奏させて、独立した移動や会話ができるようにすることができます。
  • 追加:Sprites Unity Complex文字の「Facing angle」パラメータを最も近い45度または90度にスナップする機能。
  • 追加:スプライトのユニティキャラクターのアニメーターがスプライトの子供に存在しない場合、それを明示的に割り当てる能力。
  • 修正:Sprites Unity Complexキャラクターが歩くときに”Turn float”パラメータが正しく設定されていない問題。
  • 修正:トークアニメーションをサポートしていないUnityアニメーションキャラクターで発生するスプライトでリップシンクを有効にした場合のエラー。
  • 修正:直接制御の2Dキャラクタがオートセーブ後に正しい方向に動かない問題。

Menus

  • 追加:ACメニューのダイレクトナビゲーションのオーバーホール – 水平軸と垂直軸が最も自然な要素を選択するようになりました。
  • 追加: “Menu: Select element”アクション – ダイレクトナビゲーションメニューの要素の選択を強制的に使用。
  • 追加:プレイヤーがホットスポットに移動中に “ホットスポット”タイプのラベル要素を更新しないオプション。
  • 追加:ドラッグメニューの要素とやりとりするときにマウスオーバーカーソルを設定する機能。
  • 追加:有効な保存ファイルが見つからない場合に自動的に非表示にする固定スロットを読み込むSavesList要素の機能。
  • 変更:ACスライダのメニュー要素を直接ナビゲートするときに、InteractionAボタンではなく、水平軸がその値を変更するために使用されるようになりました。
  • 修正:World Spaceでレンダリングする場合、ホットスポットの”Centre-point override”を考慮しないUnity UIメニューが”On Hotspot”に位置するように設定されていた問題。
  • 修正:Unity UIベースのメニューと画面の読み込み時の重大なバグ。
  • 修正:メニューラベルが削除されたグローバル変数を参照するとクラッシュする問題。
  • 修正:デフォルトのSubtitlesUIメニュープレハブで動的な配置ができない問題。
  • 修正:固定セーブIDに依存するセーブリスト要素を表示する問題。< /li>
  • 修正:Unity UIベースのメニューホバーサウンドが常に再生されない問題。

Speech

  • 追加:会話で使用される”DialogueOption”アクションリストのパラメータを定義する機能。
  • 追加:ユーザーがスキップするまで音声ラインが表示されるように設定されている場合、キャラクターの話しているアニメーションを永遠に再生しないオプション。
  • 追加:Speech Managerにリストされている翻訳の並べ替え機能。
  • 追加:Speech Managerポップアップウィンドウへの軽微な外観の改善
  • 修正:プラットフォームに応じてゲームテキストを書き出すときの行末の問題。
  • 修正:Lipsyncテキストアセットがプラットフォームによって正しく処理されないことがある問題。
  • 修正:Speech ManagerのUIの軽微な問題。

Navigation

  • 追加:”Retro-mode”キャラクターの動きを視覚的に少し改善。
  • 追加:2Dナビゲーションメッシュで穴を定義する際のインターフェイスの改善。
  • 追加:GameEngineのSceneSettingsコンポーネントでマップをソートするための書き出されたレイヤーの分離距離。
  • 追加:ポイント&クリック移動を使用するときにデフォルトのNavMeshが割り当てられていない場合の警告メッセージ。
  • 修正:アクティブなNavMeshが変更された場合、”Character: Move to point”アクションが中断されて、キャラクターがパスファインディングなしで移動する問題。
  • 修正:NavMeshの境界に正確に配置されている場合、2D文字が「オフNavMesh」と見なされることがある問題。
  • 修正:足音コンポーネントがアニメーションイベントでのみ再生するように設定されている場合でも、サウンドが自動的に再生される問題。
  • 修正:プレイヤーのジャンプアニメーションがUnity 2017.3で再生されない問題。

Hotspots

  • 追加:関連付けられたホットスポットが選択されたときにハイライトコンポーネントが自動的に動作しないようにする機能。
  • 追加:Settings Managerの”Display Hotspot icons”フィールドの”Via Script Only”オプション。
  • 追加:Highlightコンポーネントのマニュアルチャプター
  • 変更:コンテクストセンシティブモードでUseインタラクションがないホットスポットを左クリックすると、プレイヤーはホットスポットの”Walk-to Marker”に移動。
  • 修正:ハイライトコンポーネントのHighlightOnInstantメソッドを呼び出すと、自動ブライトネスが無効になってもマテリアルが明るくなる問題。

Variables

  • 追加:グローバル変数をカスタムスクリプトにリンクする機能、サードパーティの変数同期を可能にする機能。
  • 追加:グローバル変数を外部スクリプトと同期させる方法を示す”Variable Linking Example”スクリプト。

Input

  • 追加:アクティブ入力が軸ベースの入力(コントローラスティックなど)に応答する能力
  • 追加:PlayerInputスクリプトに、プレーヤーが現在DragGableまたはPickUpオブジェクトを保持しているかどうかをチェックする機能。
  • 変更:ゲームの一時停止を防ぐために、予想される入力が定義されていない場合、エラーの代わりに警告がスローされる。
  • 修正:タッチスクリーン入力を使用しているときに効果がないフリー・エイミングのためのInputGetFreeAimDelegateオーバーライド。

Editor

  • 変更:”Movement method”が”None”に設定されていて、Playerプレハブが定義されていない場合、シーンオブジェクトを編成するときにデフォルトのPlayerStartは自動的に作成されない。
  • 変更:Scene Managerの”Organise room objects”ラベルが、その意味をよりよく反映するように”Organise scene objects”という名前に変更。
  • 変更: Background Imageプレハブの”GUITexture”コンポーネントはUnity 2017.3リリース以降は使用されていないため削除。
  • 修正:Unity 2017.3で2.5Dカメラをテストしたり、Unity UIのバックグラウンド表示モードを使用してゲームウィンドウにGizmosを表示する問題。

その他

  • 追加:一般的なパフォーマンスの改善。
  • 追加:2D DemoのGraphicsフォルダにAsset licenseファイル。
  • 追加: “ActionCheckMultipleTemplate”ファイル – 任意の数の出力ソケットでカスタムアクションを作成するための基礎として使用。
  • 追加:TurnOnACとTurnOffACメソッドが正常に実行された場合のACの場合のコンソールへのメッセージ。
  • 変更:WebGLで “Engine: Play movie clip”を使用した場合、ビデオはURL経由で提供。
  • 変更:カスタムスクリプトを使用してシーンにオブジェクトを追加または削除した後、StateHandlerのGatherObjects関数を呼び出す必要はなくなりました。
  • 修正:会話の”TurnOff”メソッドが、呼び出された会話と同じでなくても会話をオフにする問題。
  • 修正:カ​​スタムの”Check multiple”アクションが存在しない出力ソケットに従うように試みると、重大なエラーが発生する問題。
  • 修正:カーソル表示の軽微な問題。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする