Unity練習帳:Adventure Creatorチュートリアル-Mecanimベースのキャラクター作成-Part3

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!UnityやUnreal Engineを勉強しながらゲームつくるマンです。
ゲーム開発ツールのUnityを少しづつ勉強中。解説書やネットで調べた情報を参考にして覚えたことを忘れないように書き留めています。

Unityのアドベンチャーゲーム制作アセットAdventure Creatorの公式サイトに掲載されている英語のチュートリアルを翻訳しながら進めていきたいと思います。
今回はMecanimベースのキャラクター作成のPart3です。Part2でMechanimアニメーション設定が完了したキャラクターを実際にシーンで操作できるようにします。

動作テスト用の地形を作成

こちらのチュートリアルに従ってベアボーンシーンを作成します。そこにテスト用の地面をTerrainツールでつくります。
[Hierarchy]パネル > [Create]ボタン > 3D Object > Terrain を選択。

TerrainオブジェクトのPivot位置はオブジェクトの端になっているため、オブジェクトをシーンの原点中心に移動させたいので[Inspector]パネル > Transform > Position の値を X-250 / Y0 / Z-250に設定します。

キャラクターをシーンに仮配置してみます。[Project]パネル > Assets > ゲームフォルダ(今回はTestGame)> Resources > Playerプレハブ(今回はRobot Kyle)を選択して[Hierarchy]パネルにドラッグ&ドロップ。
[Scene]ビューでみると空が反射して地面も青いです!

地面にマテリアルを設定します。Terrain用の標準アセットをインポートします。メニュー:Assets > Environmentを選択。[Hierarchy]パネルでTerrainオブジェクトを選択。[Inspector]パネル > Textures > [Edit Textures]ボタン > Add Textureを選択。

[Add Terrain Texture]ウィンドウの左側のAlbedo(RGB)/Smoothness(A) > [Select]ボタンをクリック。ファイル選択ウィンドウが開いたら”GrassHillAlbedo”ファイルをダブルクリックでウィンドウが閉じます。[Add Terrain Texture]ウィンドウ下にある[Add]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じましょう。

[Scene]ビューでみると地面にテクスチャが適用されました!

Game Cameraの設定をしておきましょう。[Hierarchy]パネル > _Cameras > GameCamera を選択。Game Cameraを作成していない場合は[AC Game Editor]パネル > [Scene]タブ > Scene prefabs > [GameCamera]ボタンをクリックして作成します。今回はこんな感じにしました。

ついでにライトの角度も調整。

[Scene]ビューで見るとこんな感じです。

シーンに仮配置したキャラクターを削除しましょう。それから操作方法の確認。[AC Game Editor]パネル > [Settings]タブ > Character settings >Player:スロットにPlayerプレハブを割り当て。その下にあるInterface settings > Movement method: > Directに設定します。

ゲームを再生してみます。キーボードの[w][a][s][d]キーまたは矢印キーでちゃんと操作できました。
[space]キーを押すとキャラクターがジャンプしますが、Mechanimでアニメーションを設定していないのでidleアニメーションのままジャンプしていてちょっと不自然です。

今回はとりあえずキーボード操作でキャラクターを操作できるところまでできました。次回、Part4ではジャンプにMechanimアニメーションを設定してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加